読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPAJAM 2014に参加してた

1年前の内容だけど、今後の為に使えそうな事を書き残した方が良いと思ったのでメモ

SPAJAMとは


簡単に言うと日本のモバイル系企業が参加している
一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム (MCF)
という凄そうな団体と大手モバイル系アプリを配信している企業が開催するハッカソン。
予選、本選と言う流れなので結構大変だった。

spajam.jp

予選


予選は郡山の専門学校で開催された。当時、コミュニケーション能力が欠如していた私は
チームを作る事が出来ずに強い大人の人に参加してもらったり、ネカマで釣って大会一週間前に知り合ったばかりの後輩に参加してもらった。
大会参加するとき、てっきり誰かが参加登録していると思い会場着くまで参加登録していなかった事に気付かなかった。
そのおかげで今後長い間つき合っていく名称「チームMizuki」と言う名称が生まれた。
実際名称が決まるまで1分も無かった。30秒ぐらい。

予選の内容

親子の絆を深める

的なお題だった気がする。その後アイディアソンを行った。この規模のアイディアソンは初めてだったので結構疲れた。
その後、自分たちのチームで開発をする事にしたアプリは
旅行スケジュールが自動的に生成されるアプリ
(チームメンバーであったはずのFさんが運営の方にいつの間にか消えていた……。
自分の中では今でもHさんの眼が心配)

実装とか

とりあえずあの頃はListViewをカスタムして使用する時のViewの微妙なズレや更新タイミング等こだわりと初歩的な部分で苦戦した。Viewに対する知識が圧倒的に不足している。
画像はMさんに作ってもらったがとても助かった。

深夜の開発


同級生や先輩と混じって旅館の一室で開発してた。レットブルとスーパーカップでレットブルフロートを作ったり、いきなり歌いだしたり、布団で転がり始めたりと客観的にみて狂ってた。皆、水を飲む感覚でエナジードリンクを消費してた。寿命が縮んでた。
最高に楽しい空間だった。

プレゼンに向けて


メンバーのYさんにフィードバックを貰いつつアプリの利用風景等を考えた。
Yさんの意見は結構助かった。そしてMさんにPV的な物を作って頂き
プレゼンに備えた。

プレゼン

勢いで押した。最初にリポDの瓶を4本程度持って
「私たち寝てません!」
と叫んだら割と受けてた。
あとは適当にプレゼンした。記憶がない

結果

優秀賞で、本選出場逃した。
結構辛かった。

本選へ向けて


とりあえず本選へ向けて先ほど作ったアプリをそのまま応募したら通った。
安心。

本選


当日とりあえずiBeacon持っていくか〜的なのりでiBeaconを持っていった。
金曜日から開催だったので授業があったが会津大学が公欠をくれるわけないので
休んでいった。Yさんがプログラミングの授業だったらしく申し訳なかった。
会場ではHさんが歩いてくるとか言ってたので心配してた記憶しか無い。
受付を済まし、部屋へ向かうと窓から海が見えたが、特に何も無かった。

オープニングとアイディアソン


会場で食事をしつつ、偉い人が喋り自己紹介等などが行われた。
T大チーム、C社チーム、D社チーム等どう考えてもガチ勢だったので食事中
部門賞を狙うか〜w的な話をしていた記憶がある。
今回のお題は

日本の文化を好きになる

だった。
自分は最初、自動販売機は日本の文化だと思い、自動販売機と職人をあわせたサービスを考えたりしていた。

ハッカソン開始


ハッカソンが始まった。他のチームはアイディアを出したり企画を固めようとしてたが
自分たちは他の人が温泉に入らないっぽいのとせっかく温泉に来ていたのでとりあえず風呂に入る事にした。
その結果風呂が自分たちで貸し切り状態だったので温泉ブレストが出来た。

温泉でブレスト


良さ。
頭に血が上りいろいろアイディアが出る。露天風呂だと冷やしつつ暖まりつつが
出来るのでとても良い環境だった。
主な流れは

ターゲットを決めよう!->日本の文化を日本人に伝えるのは難しい!->外国人とかどうだろう!->外国に行った時言葉と文化の壁が辛かった!->それ解決したくね?->スマホに情報送ろうぜ!->iBeaconあるじゃん!->提灯とか日本の文化だしそれから情報出そう!

だった記憶がある。

その夜


ハッカソンが4~6と二泊だったので初日は寝た。M,Fさんにはアイディアを固めてもらった。とてもありがたい。

実装


その後は実装してた。潤沢なお菓子とKLabドリンクを飲んだ。
途中ちくわの有用性とAndroidの関係性を考えたり、大人気アニメをニコニコ動画で視聴していた。ちくわはおでんでは割と外せない存在だけど主役にはなれない、そんな存在。
ちくわを題材にしたアプリを作りますオーラを出しつつ、YさんMさんに提灯をわざわざ結構遠い100円ショップで買ってきてもらい作ってもらった。
iBeaconとAndroidの組み合わせは結構前に実装していた事もあり結構簡単に出来た。
実装も割と何とかなった。
中間報告、下手にこうどな情報戦を狙った結果、意味不明な放送事故になった。
途中謎トークショー等があったが記憶には無い。

プレゼンに向けて


2日目の深夜、PVを作るべくチーム全員で撮影をしていた。
ホテルの一角で奇妙な集団だった。
ビジネスモデル等を考えてもらいとてもそれっぽくなった。

プレゼン


基本的にどれも完成度が高く辛かったが、
自分たちの前のチームが大阪の特にキャラの濃いプレゼンだったので辛かった。
あとは流れでプレゼンした。検索の会社ではないG社の社長さんにほめられたので嬉しかった。

結果


優勝した。良かった

何故勝てたのか

// TODO