読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GitHubで大学課題を管理した

さいしょに

私の通う大学には”言語処理系論”と言う講義がある。
簡単に内容を説明すると言語処理の手順を学びつつ自作言語と自作コンパイラを作っていく面白い授業だ。
なお、この講義の演習はチーム制であり、提出方法は学内の自分のホームに作った専用フォルダに指定時間内に置いておくといううものである。

今回、GitHubのprivate repoが大幅値下げされたことに伴って課題をGitHubを使って提出する方法を共有しようと思う

背景

  • 自分含め3人のチーム開発
  • 提出先は~/lp/ex**, testdir内に入ってmake,testall.shをしてその結果ACなら問題無い

下準備1 GitHubAccess Tokenを取る

curl -u 'MizukiSonoko' -d '{"scopes":["repo"],"note":"Help example"}' https://api.github.com/authorizations

下準備2 各種変数

Repository名を入れる

REPO_NAME="LanguageProcessingInUoA"

GithubnのAPIKeyを入れる

API_KEY="RabbitHouseTeaParty"

Scriptを書く

gist1eee3bd7b12882bbff97bb78e58988e2

 使い方

./deploy.sh ex04

的な

運用

とりあえずdevで開発、testが通ったらmasterにPRしていった。
マージして、上のscriptを走らせてたら無事提出できてたっぽい。

結果

Bもらった!!!!!

今後

もう課題提出の講義が無いので後輩にはtravisとか色々導入してより良い課題提出環境を作っていってほしい。